製造系の工場での作業内容

製造工場での仕事は物作りと検査が主体

製造工場での仕事で、実際に人が手で加工する業務は減少しています。高度な加工設備が発達し設備が製品を作るようになってきました。それでも職人的な技術によって物作りが行われている現場もあります。職人が手掛ける家具製作や民芸品などが代表的ですが、これは職人を目指す人たちの分野と言えます。一般的に製造工場というと車や家電・食品加工などほとんどは設備が製品を作ります。半田付など手で行われていた作業もほとんど機械化されています。そのため、製造工場といっても設備の管理が主な業務になります。もう一つ忘れてはならないのが、品質管理の業務です。日本の製品の品質の良さは世界に誇れるものですが、一歩間違うと大きな品質問題となって会社の破綻にも繋がってしまいます。

検査も自動化が進んでいます

製品の検査も人が肉眼や顕微鏡で行うことから、画像で機械が判断する様に変化してきています。人間の判断力はまだまだ機械やコンピューターでは無理なほど能力が高いのですが、ポカミスという危険もあります。その点設備ならば、01判定ができ不良流出のリスクは少ないと言えます。このため、工場の仕事も様変わりしていて、昔の様に何人も検査員が並んで検査をする工場は少なくなりました。しかしここで注意しなければならないのは、それらの加工設備や検査設備を扱うのは人間だということです。機械は正確に物を作り続けたり検査をし続けたります。しかし元の設定が間違っていたり、何らかの原因で設定や位置がずれてしまったりしても製品を作り続けてしまいます。このように、製造工場の仕事は設備の設定や監視・条件設定の業務に変わりつつあります。