運送系の工場における給与水準

勤続年数で大きく差が出る

運送関連の会社の工場勤務の場合、給与水準は中小企業なみと言えます。しかし、高校を卒業してすぐに工場で勤務しているのか、大学を卒業してすぐに工場勤務なのか、さらには勤続年数によっても違いがあります。また、正社員として働いている人や非正規雇用として働いているのかによっても異なるでしょう。一番安定した給与となるのは、大学を卒業してから正社員として工場勤務している人です。入社して数年は一般的に安めの給与体系ですが、5年、10年と勤務することで、給与はアップしていくのが普通です。ですから、工場勤務でも転職を繰り返しているような人と、長く同じ企業で勤めあげている人とでは、同じような年齢でも給与はどんどん差が出てきます。

役職でも違いがでてくる

工場勤務でも、会社によってはきちんと役職が与えられるところもあります。中小企業の場合は、大企業に比べると賃金は安めの設定になりますが、中には中小企業でも工場長クラスまで昇りつめることで、1000万円前後の年収をもらっている人もいます。これから工場の求人を探して、長く勤めることを想定するのであれば、将来的にどのような水準で給与がアップしていくのか、役職等がきちんと存在しているのか、詳細を確認してから面接に臨みましょう。誰でもお給料が勤続年数でアップすれば、やる気も維持できます。工場の求人情報はインターネットの求人情報サイトを確認します。ここで多くの情報が確認できるので、自分にあった就職先を見つけましょう。