製造系の工場における一般的な給与水準

工場や部署によって異なる

就職を前に求人情報誌などを見ている人は沢山いますが、そうした人達に人気がある職種と言えば工場系の求人ではないでしょうか。資格や経験は不問というものが大半を占めている上に他の求人と比較しても高水準な給与になっています。先に言ってしまえばおよそ20~30万円程度が工場系の給与になりますが、これだけ差があるのは工場によって当然作業内容が違いますし、同じ工場でも製造ラインによって作業の難しさや専門性が違いますので給与に差が生じ、例えば食品を製造しているのか車のパーツを製造しているのかでも大きく違いが出てきます。
一般的な作業員でもそれなりに給与は貰えますが資格を取得したりスキルを高めていくことで管理職に昇格することもできますので、自分の努力次第で給与は上げられますし安定も手に入れることもできます。

手当などを含んだ額を掲載している

製造系の工場の求人に応募する人は掲載されていた給与が良かったからという動機が多いですが、求人に掲載されている給与はある程度残業をした場合の額ですのでシーズンによってはあまり残業をしなくて良いとなると期待しているよりも給与は少なくなります。残業時間を見てみると月の平均が40時間程度となっていることが多く、22日出勤で計算してみると1日の残業時間は約2時間程です。この分の残業手当が変動することには注意が必要です。
また、保険に加入する、寮に入るなどといった天引き項目があることも考慮しなければなりません。大抵は県外から就職してくる人ですので入寮は必須ですし、寮の場所によっては余計に生活費がかかってしまう可能性もあります。求人に掲載されている額はあくまでも平均的なものだということを念頭に置いておくと良いのではないでしょうか。