製造系の工場の求人を出している業界

繁忙期の人員確保の方法について

様々な物品を製造する工場は特定の時期には繁忙期と呼ばれる、生産数が多くなって多忙になる時期があります。繁忙期は通常の人員では業務が滞ってしまうことから、臨時の増員を行うのが普通です。作業員を集める最も一般的な方法は工場を運営している会社が求人を行う直接雇用ですが、求職者が来るのを待つ受け身の姿勢でもあるので必要な人員が集まらない可能性もあります。そのため、確実に人員を確保するために工場系の仕事を扱う派遣会社を通した雇用を行うのが近年の主流です。派遣会社を通した雇用は直接雇用よりも定員割れのリスクが少ないのが大きな利点です。また、派遣会社によっては製造系の仕事の経験が多い人員をあてがう所があるので教育時間の短縮が可能になります。その一方で派遣会社への依頼は費用が嵩む欠点もあります。

同じ就業先でも雇用条件が異なる理由と工場系の派遣会社の特徴

同じ工場の求人でも給与や拘束時間などの条件が異なるケースがあります。これは求人を出している雇用元が異なるのが理由です。工場の求人を出す会社は大別すると、その工場を運営している会社と派遣会社の二種類が存在します。工場の運営会社は直接雇用の形になり、待遇や就業規則もその会社が定めています。一方、派遣会社を通した求人はあくまで派遣会社に所属する作業員が工場に出向いて仕事を行う形になるので、待遇や就業規則も派遣会社が設定したものになります。そのため、同じ工場で作業内容が同一であっても待遇に違いが生じることから、働く目的や待遇などを考慮して選ぶことが重要です。工場系の仕事に特化した派遣会社は扱っている求人数が多く、給与も高額に設定されている傾向があります。その一方で機械や車両の操作、薬剤の扱いなど製造業に必須な技能が求められることが多いのも一般的な派遣会社との違いです。