運送系の工場が製造系と異なる点

運送系と製造系それぞれの特徴

運送系の工場で行う作業は、荷物を仕分けたり在庫管理をしたりする仕事がメインとなります。何かを作る作業を行うわけではないため、比較的始めやすい工場の仕事です。製造系の工場での仕事は、部品の製造や商品を梱包する作業などラインごとに内容は異なりますが、主に形を作るという点で運送系と異なります。いずれも最初はわからないことが多いので慣れる必要がありますが、基本的に配属された場所の仕事をしばらく続ける形となるため、1,2週間もすれば慣れてきます。求められる仕事は指示通り作業をすることなのでクリエイティブな仕事をしたい方には向いていませんが、難しいことを考えずにできる仕事が良いという人にとっては気楽に働ける職場です。

運送系では体力が必要になる

運送系の工場の場合、荷物の仕分けや運搬を行う必要があるため、製造系の工場の作業に比べて体力が必要です。ベルトコンベアーに荷物を載せたり、トラックから荷物を運んだりする仕事の時には特にそれが顕著となります。初めのうちは疲れてしまうことも少なくないですが、継続して仕事を続けているうちに体力はついてきますので、楽に働けると感じられるレベルになるまで頑張れればそれ以降はキツイと思わなくなります。工場での仕事は与えられた作業を指示通りに行うため、あまりコミュニケーションを必要としません。これは製造系でも運送系でも同じで、人付き合いが面倒であったり苦手であったりする方でも、問題なく働くことができるでしょう。

工場の求人は繁忙期になると数が増えますが、業種によって求人広告が出る季節が異なります。食品加工に関係する業種は扱う食品の旬の季節に人員を増やすのが普通です。